患者さんって看護師に「愛想よくニコニコしてれば良い!」って思っている節がありますよね。看護師に専門性よりも優しさや気配りを求める患者さん。でも医療事故は看護師に責任が掛かってくるんですよね!

私達が患者さんに対して、この患者さんは良い患者さん、あの患者さんは気が合わない、と思う事があるように、
患者さんも、看護師に対しての評価を持っています。
あくまでも患者さんなりの評価ですが、あの看護師はダメ、この看護師はいい感じなど、
相性もあるのかもしれませんが、看護師の事を良く観察しています。
患者さんにとって良い看護師と言えるのは、いつも笑顔でニコニコしていて、優しくて話しやすい、それに、
自分の要求を何でも聞いてくれる、というような方です。
つまり、看護師としての知識や技術というのは全く関係がなく、優しさや気配りといった事を重視しているんです。
たとえ採血や点滴が上手くても、愛想が悪くて話しにくい看護師だったら、
患者さんにとってはダメな看護師になってしまうんです。

 

私達看護師の目線とは全く違います。
私達から言わせれば、いくら愛想が良くて気配りができても、看護師としての技術や知識がなければ、
良い看護師とは言えません。
看護師は、人の命に関わる仕事をしているんですから、たとえ愛想が良くても、
ミスばかり起こしたり患者さんの異変に気がつかないようでは、看護師をしている資格がありません。
考えてもみてください、ドジで失敗ばかりしている看護師だったら、安心して任せる事ができないと思いませんか?
医療ミスを起こしてしまう可能性がありますから、とても危険です。
だからと言って、患者さんに対して偉そうな態度をしていたり、患者さんの訴えを聞かないような看護師では困りますけど。
看護師は常に人と関わる仕事なだけに、知識や技術ばかりではなく、その人の人格まで求められてしまいます。
すべてがパーフェクトな看護師なんていません。
看護師は本当に大変な仕事だと思います。