ホスピスってどう思う??最近増えているけど、どうかな??

余命を宣告された患者さんが、最後の時を過ごすためにホスピスを選択される事が多くなりましたね。

 

治療をする目的とした病院で入院生活を過ごすのではなく、最後の時をその人らしく過ごせる場となるのがホスピスです。

 

ホスピスは、疼痛緩和ケアを中心としたケアが行われます。

 

癌などの病気に対する治療は行わないことが前提となりますから、ホスピスに入るということは、治療によって疾患を治癒させる見込みはないということを受け入れなければなりませんね。

 

患者さんが、死というものを受け入れ、最後の残された時間を、自分らしく、家族と過ごしたり有意義に過ごせるように支援するホスピス。

 

ホスピスでは、死への恐怖や、痛みを緩和することを第一の目的として、尊厳を保ちながら最後の時を過ごしていただくケアを、看護師も行っています。

 

ホスピスに入ったからと、すぐに患者さんが楽になるわけではありますん。

 

人の気持ちは日々変わりますし、症状の変化に伴い患者さんの不安や苦しみも大きくなります。

 

日々最後の日が近づくことへの不安、そしてその患者さんをとりまく家族の不安…。

 

体の変化に伴い、必要とされるケアも変わっていきます。

 

そういったことへのケアは大変難しいものですね(;´Д`A

 

ですから、看護師として、様々な知識や経験を必要とされる場所でもありますね。

 

激しい痛みや、不安を抱えた患者さんや、それを支え、患者さんに先立たれることへの不安や悲しみを抱えた家族との関わりは、看護師にとっても精神的苦痛の多い職場だと思います。

 

しかし、それだけにやりがいを感じる職場でもありますね。

 

患者さんや、その家族に思いを寄せることは、簡単なことではありません。
ホスピスで働くということは、看護師としての十分な知識や経験に合わせ、それなりの覚悟も必要になりますね。