外科病棟の夜勤専従

夜勤専従というのは、実に当たり外れがとても多いですね。
職場によって、業務内容に大きな差があります。

 

私は結婚していますが、子供はいません。
私の夫は転勤が多い仕事なので、夫の転勤に合わせて私もいくつかの病院で働いてきました。
本当は、身分が安定していて給料や福利厚生の面でも優遇されている、常勤で働きたいのですが、私の生活環境では無理なので、
少しでも効率良く稼ぐ事ができる、夜勤専従を選択しました。

 

同じ科でも、病院によって業務内容違いますよね。
私は、ずっと外科病棟で働いてきたので、夜勤専従を選んだ時にも、外科病棟が希望でした。
しかし、外科病棟というのは、他の科に比べると忙しい職場です。
そのような忙しい職場で夜勤専従が勤まるのかどうか不安がありました。

 

私は、少しでも働きやすい職場を探す為に、看護師求人情報サービスに登録をして、職場を探してもらいました。
働いている職場はオペが中心の病棟なので、一日に何件ものオペがあり、たとえ夜勤でも、オペ出しやオペ迎え、
オペ後の患者さんのケアと、とても忙しい職場です。

 

しかし、介護士やボランティア、アシスタントが充実している病院なので、忙しいなりにも自分の役割というのがはっきりしていて、
やり甲斐があります。
スタッフ同士が協力して仕事をしているので、忙しい環境でも休憩や仮眠を取る事が可能です。

 

看護師仲間の話を聞くと、休憩や仮眠などは一切取れず、激務な職場も多いようですよね。
私はとてもラッキーだと思います。

 

職場選びを間違わなければ、夜勤専従は少ない日数で稼ぐ事ができる、とても魅力的な働き方です。
忙しいと言われている外科病棟でも、環境が整っている職場、働きやすい職場はありますよ。